早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

足が痛い!シンスプリントについて

 
この記事を書いている人 - WRITER -

シンスプリントって何?

走る・飛ぶなどのスポーツ競技において発生しやすいスポーツ障害の一つです。
脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、主な症状としては脛骨(スネ)の内外側の下方1/3に痛みが発生します。

原因


脛骨(スネ)の周辺の筋肉が緊張すると、骨を覆っている骨膜が引っ張られます。骨膜への過度の刺激が続くと骨膜・筋肉の付着部が炎症を起こし痛みがでます。
脛骨内外の筋肉は足指の曲げ・伸ばしにかかわる筋肉が多く存在します。そのため緊張している筋肉だけでなく足指の動きが原因となる場合があります。

シンスプリントが起こりやすいスポーツ


サッカー・ラグビー・陸上競技・マラソン・バレーボール・体操・バスケットボール・野球・ソフトボール・バドミントン・アメリカンフットボール・卓球などに多く発症します。
スポーツごとにシーズンにより練習内容が異なります。
シンスプリントの好発時期はシーズンが変わり新しい練習環境・種目の変更時期などに多くみられます。

症状

・動作中もしくは動作後に脛骨の内側または外側の痛みがある
・ 脛骨付近を押したときに痛みが走る
・脛骨の内・外側の筋肉をストレッチをした際に痛みが走る

シンスプリントは最初軽度の痛みから始まりその状態で無理に運動を続けていると痛みが悪化します。
立っているとき、歩いているだけで痛みが走り、最悪の場合脛骨の疲労骨折を引き起すケースがあります。
軽微な症状の段階で初期治療をしっかり施すことが重要です。

治療


当院ではシンスプリントは痛みのある場所が原因ではなくなぜそこに負荷のかかる動きになってしまっているのかを追究し治療を行っていきます。

①来院時にエコーにて患部の炎症状態・部位を確認し説明させていただきます。

②その後スティムアップやバランスボードを使い現在の身体の使い方を確認。

③アキュスコープ・マイオパルスにより患部の局所治療、関連部の治療

痛みの確認後
④スティムアップ・バランスボードにより身体の使い方の修正・再発予防を行う

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。

シンスプリントでお悩みならやまぐち整骨院へご相談ください!


現在の症状や治療に対して悩まれている方・相談だけしたいという方も遠慮なくお問い合わせくださいね。お待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2019 All Rights Reserved.