早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

オスグッド・シュラッター病とアキュスコープ【東大阪市のスポーツに特化したやまぐち整骨院の治療について】

 
この記事を書いている人 - WRITER -


ジャンプ・ダッシュ・キック動作において膝蓋骨(膝のお皿)の下に位置する脛骨粗面部に負荷がかかり続けることにより発症しやすいスポーツ障害の一つです。

主な症状としては脛骨粗面部に付着する筋肉により牽引力の負荷がかかり炎症を起こすことで腫れ、運動中・後の痛み、圧痛(触れたり・押された時の痛み)、熱感などがあります。

オスグッドになりやすい年齢は?


オスグッドは小中学生(9歳~15歳)の成長期に多くみられる症状です。
成長期における子供の骨は柔軟性があり完全に骨化していないため筋肉による牽引力がかかるだけでも炎症が起きやすく骨が飛び出し変形を伴うこともあります。
しかし、成長期の子供が同じスポーツ・練習量をしていても全員が痛みを抱えているわけではありません。
そのためどのような動きが原因で膝に痛みが出ているのかを見極めなければいけません。

オスグッドになる原因は??


脛骨粗面に付着している大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)が運動により収縮を繰り返し脛骨粗面部が引っ張れることで一部が剥がれたり、炎症を起こします。
骨の成長に筋肉の伸張が追い付かず付着部に負荷がかかりやすくなってしまうのも一つの原因と考えられます。
しかし脛骨粗面部周辺には大腿四頭筋だけでは無く足首や骨盤の動きに関係する筋肉も付着していきます。そのため膝の動きだけでなく足首・股関節・骨盤の動きも確認していく必要があります。

オスグッドが起こりやすいスポーツについて


バレーボール・バスケットボール・サッカー・陸上競技・野球・ソフトボール・バドミントン・卓球・テニス・ハンドボール、水泳などに多く発症します。
普段スポーツをされていない子供でも学校で持久走などが始まると発症されるケースもあります。

オスグッドはどんな症状がでるの?


膝の屈伸動作時に関節は動くが膝蓋骨の下に痛みが走る
運動中・運動後に膝に痛みがある
膝蓋骨の下周辺を押したときに痛みがある
膝周辺に痛みと伴に腫れ感・熱感がある
歩行時、階段の上り下りの際に膝に痛みがある
オスグッドは発症時痛みが比較的軽度であっても同じ動きで負荷がかかり続けると痛みが悪化していきます。
症状が慢性化してしまうと成長期問わずその後も痛みを伴うこともあります。
最悪の場合脛骨粗面部が筋肉の牽引力に耐えれず剥がれて剥離骨折を起こすケースもあります。
軽微な症状の段階で初期治療をしっかり施すことが重要となります。

やまぐち整骨院のオスグッドへの治療

当院ではオスグッドは痛みのある場所が原因ではなくなぜそこに負荷のかかる動きになってしまっているのかを追究し治療を行っていきます。

①来院時にエコーにて患部の炎症状態・部位を確認し説明させていただきます。

②その後スティムアップやバランスボードを使い現在の身体の使い方を確認。

③アキュスコープ・マイオパルスにより患部の局所治療、関連部の治療

痛みの確認後
④スティムアップ・バランスボードにより身体の使い方の修正・再発予防を行う

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。

オスグッドでお悩みならやまぐち整骨院へご相談ください!

現在の症状や治療に対して悩まれている方・相談だけしたいという方も遠慮なくお問い合わせくださいね。お待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2019 All Rights Reserved.