早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

シーバー病とアキュスコープ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

シーバー病は踵骨骨端症と呼ばれ、その名の通り踵骨(かかと)の骨端核に炎症が起き痛みや腫れを伴うことを言います。骨端核とは成長期に存在する軟骨の成分に囲まれた分離している骨のことです。16歳前後で隙間の部分が癒合し踵の骨が出来上がります。
シーバー病は骨端核が存在している成長期(約10歳前後)に発症することが多い。

シーバー病の症状の特徴

症状は主に踵周辺に痛みや腫れ感などがでますが、何をした時に痛いかどこのポイントが痛いかなど細かく診ていくと一人一人異なってきます。

症状の現れ方が違うのは原因がその人の身体の使い方によって違ってくるからです。

成長痛と一般的には広まっていますが成長期にすべての人が発症するわけではありません。

当院にも安静にして痛みが消えたので動き出したらまた痛くなったと悩んでいる方も来院されています。

成長期を過ぎたら痛みが消えるわではなく、なぜ痛みがでるのかを一人一人動きをみながら考えていく必要があります。

シーバー病になる原因は??

成長期に存在する踵の骨端核にアキレス腱が付着しています。
アキレス腱はふくらはぎの筋肉である腓腹筋・ヒラメ筋の合同腱です。アキレス腱自体には出力はあまりありませんがふくらはぎの筋肉の収縮により足関節の動きをスムーズにし、衝撃を逃がす役割があります。
各スポーツのシーズンインによる練習量や大会の増加などによりアキレス腱を介して踵に負荷がかかることで炎症が起き痛みが出やすくなります。
しかし骨の付着部に必ず痛みが発生するわけではありません。
アキレス腱側の微小損傷もみられることがありますのでどこに負荷がかかっているのか見極めなければなりません。
筋肉量の増加も起こる時期のため一人一人身体の作りに合わせて治療する必要があります。
同じ身体の使い方を見直さず運動を続けていくと腫れが足裏にかけて現れ歩行時に痛みを伴うこともあります。


シーバー病が起こりやすいスポーツについて

サッカー・テニス・陸上競技・野球・クラシックバレエ・ダンス・バスケットボール・ラグビー・水泳・空手・体操競技・トランポリン・バトントワリング・バドミントン・卓球

シーバー病はどんな症状がでるの?

  • 起床時や時間がたってから歩き出すときに痛い
  • ランニング、ダッシュ時に痛い
  • 踵付近を触ると痛い
  • 踵が腫れ熱を帯びている
  • ジャンプの着地が痛い
  • アキレス腱にストレッチがかかった時に痛い

症状が悪化してしうと歩行時に痛みが発生し松葉づえをつかなければ歩けないほどの症状に繋がることがあります。

やまぐち整骨院のシーバー病への治療

当院ではシーバー病は痛みのある場所が原因ではなくなぜそこに負荷のかかる動きになってしまっているのかを追究し治療を行っていきます。

①来院時にエコーにて患部の炎症状態・部位を確認し説明させていただきます。

②その後スティムアップやバランスボードを使い現在の身体の使い方を確認。

③アキュスコープ・マイオパルスにより患部の局所治療、関連部の治療

痛みの確認後
④スティムアップ・バランスボードにより身体の使い方の修正・再発予防を行う

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。

シーバー病でお悩みならやまぐち整骨院へご相談ください!

現在の症状や治療に対して悩まれている方・相談だけしたいという方も遠慮なくお問い合わせくださいね。お待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2019 All Rights Reserved.