早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

バスケットボールにおける怪我・障害への治療

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在当院ではスポーツによる怪我の中でも特にバスケットボール選手の来院数が増えてきています。
年齢・性別はバラバラで小学生〜社会人まで怪我の治療だけでなく普段のケア、試合前後の調整など施術内容も様々です。
当院で扱っている特殊微弱電流機器マイオパルス・アキュスコープ、ハイトーン治療器ハイチャージは持ち運びが可能でバスケットボールチームの大会帯同や外部でのトレーナー活動も積極的に行っております。
バスケットボールに関する院に来院されている方・実際現場で起こりうる怪我についてお話しさせていただきます。

年齢によって起きやすいスポーツ障害・外傷について

小学生・中学生・高校生・大学生・社会人では当然、筋肉・骨含め身体の構造が異なってきます。そのため年齢によって起きやすいスポーツ障害、外傷も変わってきます。
まずは年齢によってどのような怪我が発生しやすいのかを説明させて戴きます。

小・中学生に起きやすい成長痛

小学生・中学生では骨の柔軟性があり、筋肉はまだまだ発達していく過程にあります。一般的に成長痛と呼ばれる怪我はこの時期に好発します。
成長痛とは単に身長が伸びるから膝や踵・腰などに痛みが出るわけではありません。身長が伸びるメカニズムは骨の端にある軟骨が骨化し長さが変わることで伴に身長も伸びていきます。しかし痛みというのは骨から出るものではありません、問題はそれと同時に筋肉も引き伸ばされ筋出力のバランス(筋肉の使い方)が崩れることにあります。

日常的にストレスのかかりやすくなった筋肉は特に骨に付着する部位周辺に負荷が集中しやすくなり関節部付近に痛みを生じやすくなります。
そのため治療で筋肉にアプローチすだけでなく筋出力を整える感覚のトレーニングなども行いしっかりと身体のコントロールができるようにならなければなりません。
実際にミニバス・中学でバスケットボールをしている選手はシーバー病(踵の痛み)オスグッドシュラッター病(膝の痛み)腰痛で悩んでいる方が多く見られます。極端に症状が悪化していくと、筋肉の付着部である骨が剥がれる剥離骨折のリスクもあります。
高校生以上になると身長の停止とともに筋肉の伸張ストレスも軽減されます。しかし試合中の接触プレーなども激しくなり突発的な怪我の増えてきます。
当院でも重度の打撲・肉離れ・靭帯断裂の手術後のリハビリ・骨折・捻挫・突き指などが大半を占めています。
突発的に起きる肉離れや靭帯損傷、捻挫というのも単に運動量の増加だけが原因ではありません。来院されている方の中には怪我で思うように練習が出来ず不安感や悩みがある方は少なくありません。
中学生後半からは怪我が起きる前のケアが重要となります。
年齢別では100%ではありあませんがこのような怪我の好発部位などに変化が現れていきます。

身体の部位別・バスケットボール選手に起きやすいスポーツ障害・外傷を解説

次は身体の部位別にどのような障害・外傷があるか説明させていただきます。

足部の怪我

足関節部捻挫による靭帯損傷詳細はこちら)

「レイアップ後に選手の足の上に着地して」「ドリブルしながら切り返した時に」など接触でも自発的な動きでも起きうる頻度の高い怪我の一つです。
軽度の損傷であれば自然に治癒することが多いですが重度な損傷の場合靭帯へのダメージだけでは無く筋肉、関節部まで傷つき歩行困難になることもあります。予後も関節部の不安定感が残ったり腫れが引かず慢性的な痛みが残ることもあるので軽度であっても初期処置の早さが重要となってきます。
種類は足先を内側に捻り外側の組織を痛める内反捻挫が多く発生します。
よく「一度捻挫すると靭帯が伸びて繰り返しやすくなりますか?」と質問されることがあります。そもそも靭帯は関節が正常な可動域から逸脱しないように詰めておく留め具です。そのため伸びることはなく損傷時は微小断裂か完全断裂となります。捻挫をよくしてしまうのは足を地面につく時の身体のコントロールを見直す必要があります。

ショパール関節・リスフラン関節の捻挫


足には足首だけでなく足の甲にも二つの関節が存在します。後方(踵側)にあるのはショパール関節、中央部(指側)にあるのはリスフラン関節と呼ばれます。
実は足首だけでなく足の甲の捻挫も少なくはありません。
発生する動きは明かに捻っていなくても「シュートのジャンプの瞬間」「急ブレーキの瞬間つま先に体重がかかった時」など些細なことで痛めることがあります。
これらの関節が存在することで足の接地時には衝撃を和らげるクッションに、蹴り出しの時には推進力を生むことができます。
ひどい靭帯・関節部の損傷があると足をつくことができないほど痛みが出ることもあります。

ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)


疲労骨折は一度の大きな外力が骨に加わって起きる骨折と異なり負荷が蓄積し骨折します。バスケ選手に多く見られる疲労骨折にジョーンズ骨折があります。足の小指の付け根にある中足骨に起きます。原因ははっきりリバウンドの着地やステップの時に激痛が走ることもありますが、ランニング中や練習中に少しづつ痛みが悪化することがあります。
痛みは骨折部だけでなく足の甲から裏まで広範囲に至ることもあり、他の筋組織の痛みや腱鞘炎などの症状と鑑別しなければ見逃してしますこともあります。
ジョーンズ骨折が発生する部位は足を地面についた時に足の裏と連動してクッションの役割をしています。常に負荷がかかるため早期発見・早期治療が重要になります。

アキレス腱炎


ふくらはぎの存在する腓腹筋(表層)・ヒラメ筋(深層)の二つが統合されアキレス腱となり踵に付着します。
アキレス腱炎とは名前の通りアキレス腱の微小損傷・炎症が起き痛みがある状態を言います。アキレス腱の役割は腱自体が収縮し関節を動かすのではなくふくらはぎの筋肉の力を円滑に伝えて足の底屈(つま先立ちの動き)を行なっていきます。
一度の外力で痛めるのでは無く着地の衝撃やふくらはぎからの負荷がかかり続けることにより少しづつ痛み・腫れが現れます。
アキレス腱は身体の中でも強靭な靭帯で、さらに周りには脂肪組織、血液が豊富で腱自体はアーチ状になり負荷が集中しにくい効率のいい構造となっております。
しかし一度身体のバランスが崩れ炎症が起きると組織の微小断裂がおきひどくなればアキレス腱断裂のリスクも高くなる症状です。

シンスプリント(詳細はこちら)


足関節の動きに関与する筋肉は主にスネ周りから足関節をまたいで付着していす。
シンスプリントはこの足首の動きに関与するスネ周りの筋肉の炎症、痛みが主な症状となります。動作中の痛みの範囲としてはスネの内側または外側の3/2下方に強く出ることが多く、一番負荷が集中している所は圧痛が顕著に現れます。
スネの外側の筋肉は足首、足の指をそらす・内側には足首、足の指を曲げる筋肉が存在し動きの負荷がかかる部分に症状が出てきます。
バスケでは特にランニングなどの基礎トレーニングが多くなる時期に発症することが多く「走っている時の足の接地の時」「ジャンプの着地の時に響く」など衝撃がかかる時に痛みが出ます。
シンスプリントを放置して悪化し、最悪の場合筋肉が付着している脛骨が疲労骨折してしますリスクもあります。

・膝周辺の怪我

オスグッドシュラッター病(詳細はこちら)


オスグッドはバスケをしている小学生・中学生で多い障害の一つです。
症状は膝蓋骨(膝のお皿)の下方にある少し隆起している脛骨粗面に運動中、後・腫れ・押さえた時の痛み(圧痛)など局所的に現れます。
症状が悪化してしまうと日常的に痛みが出やすく、粗面部が変形して出てくることや、剥離骨折してしまうことがあります。
この脛骨粗面には大腿四頭筋筋(太ももの前にある大きい筋肉)が付着しており一般的にオスグッド病の原因は大腿四頭筋のの「過度な緊張」や「柔軟性の低下」があげられます。
ただ実際にトレーナーの現場や来院されているオスグッド病でこられた方の大腿四頭筋の硬さに問題がないことが多い。例え筋肉に張っている感じや硬さがあっても痛くない方の筋肉と比べると差がほとんどないこともあります。治療も一部の筋肉へのアプローチでは完治が難しい場合があります。

鵞足炎


人の身体にある鵞足という部分はオスグッドでお話しした脛骨粗面よりもっと内側にある膝を曲げる時に緊張する筋肉(薄筋・縫工筋・半腱様筋)が付着する場所を言います。
鵞足炎はこれらの筋肉が付着する膝の内側に炎症が起き痛みが発生する症状です。
これら3つの筋肉は太ももの裏から膝裏を通り膝の内側に付着します。そのため筋肉に炎症が起きると痛みの範囲は膝裏にまで達することもあり、他の傷病と間違えられ見逃されるケースもあります。どこの組織に負荷がかかり痛みが出ているのかは動作痛や症状の確認を行い見極めることが重要になります。特に付近には内側側副靱帯や半月板などもあり痛みが出出した時の状況も確認しなければなりません。
痛みは瞬間的に出るのではなく、運動時間が長くなるとどんどん痛みが酷くなる場合が多く見られます。
運動できるけど痛みが出てきた初期の段階で治療やケアをしていかなければ悪化するとディフェンス時やドリブルの姿勢をとるだけで痛みが出てしまうこともあります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)詳細はこちら


膝蓋靭帯とは膝関節にある靭帯の一つで膝蓋骨(膝のお皿)から脛骨についており大腿四頭筋腱の一部になります。痛みは付着部である膝関節の下方に出るのですがオスグッド病と場所も症状も類似しています。圧痛含め動作痛、エコー検査などを使い判別していかなければなりません。
ジャンパー膝は名前の通りジャンプ動作の負荷が膝にかかり起きこりやすい症状と言われています。しかし膝蓋靭帯は地面からの負荷を吸収し膝の動きを保つため、扁平で約6㎝前後ある強靭な構造になっています。そのためシンプルにジャンプによる衝撃だけで痛くなるとは断定できません。
靭帯への負荷は関節部のスライド(剪断力)の過度の動きが関与してきます。靭帯の役割の一つとして関節の正常な範囲を超える動きを制限する働きもあります。
バスケでは「ドライブからバックステップもしくは急なブレーキ後のシュート」や「ディフェンス時のサイドステップ、急な切り返し」など緩急のある動きの際に膝に負荷がかかります。そのため類似した症状でも痛みの出る動きやタイミングは微妙に違うことがり鑑別することが出来ます。
症状は悪化しても腫れ感が分かりにくく、慢性的に痛みが持続してしますこともあります。

膝関節捻挫による靭帯・半月板損傷


バスケではあまり靭帯断裂や半月板損傷など接触などで起きる大きな怪我が少ないイメージを持たれることがあります。
しかし学生だけなく日本のプロバスケット選手、NBAの海外の選手の怪我の経歴を見てみも膝周りの怪我は特に多く見られます。
バスケは実際コンタクトも多く、空中での接触後そのまま上に乗られたり、バランスを崩しそのまま転倒するなど怪我のリスクは常につきまとってきます。当院にも前十字靭帯断裂、手術後のリハビリで来られる選手もいます。
接触だけでなくプレー中に急ブレーキをかけた時、足首を捻った時に膝にも負荷がかかり損傷するケースもあります。
かかる外力により痛める部位は異なりますが関節内の組織では
前十字靭帯:大腿骨と脛骨を繋ぎ、捻る動きや・大腿骨に対して脛骨が前方に行きすぎない   
      ように止めている靭帯
内・外側半月板:関節に負荷を分散させ、関節を安定させる役割
の損傷もしくは断裂があります。
術後も組織が修復されても痛みが残存したり機能が完全に戻らないなど問い合わせを頂くこともあります。手術だけでなくその後スポーツに復帰するまでのの経過もリハビリ・治療が重要になってきます。

腰の痛み

腰椎分離症


分離症は骨がまだ完全に骨化していない小学生・中学生に発症しやすく、バスケ選手で腰部への過剰な負荷による疲労骨折です。
腰椎に直接負荷がかかるだけでなく付着している股関節の動きに関与する「腸腰筋」や脊椎の動きに関与する「脊柱起立筋」など筋肉の継続的な過緊張で腰椎が引っ張られ骨折することもあります。
腰痛分離症は筋挫傷(肉離れ)など筋肉性の腰痛と症状が類似し、レントゲンが普及していない時代には鑑別は困難だと言われてました。
現在でも練習が厳しくただの腰痛だと我慢していると分離症が悪化してしまい来院されるケースもあります。
分離症では動作痛はもちろんですが座る時間が長い、立ちっぱなしでも痛みが出ることがあり痛みが出ている期間が長ければ疑わなければなりません。
疑わしいものはレントゲンやMRI検査をし確認をします。バスケの動きではひどくなると「レイアップ、シュート後の着地で腰に響く痛みが出る」「ランニングの振動が腰に響く」などシンプルな動きでも痛みが出ることもあります。

上半身の怪我


バスケにおいて上半身は基本的に疲労骨折やオーバーユースによる怪我は比較的少なく下半身に疲労性の怪我が集中します。
上半身は主に打撲、捻挫、脱臼、骨折が多くこれらも自動運動でなるより選手同士の接触や転倒した時、ボールが指に当たるなどアクシデントによる怪我が多く見られます。
当院にはボールのキャッチミスによる指の不全骨折(ヒビ)、肩関節の亜脱臼後のリハビリ、転倒時に手をついて肘の捻挫・手首の捻挫(TFCC損傷)、空中で接触し首がむち打ちの症状が出るなどでお悩み方が来られます。
マイオパルスはこれらの軟部組織の損傷の修復能力を高めるため様々な症状に対応可能です。

治療は内容も重要になりますがどこを痛め今の身体の現場がどのような状態なのか問診や話し合い鑑別に時間をかけなければなりません。

 

やまぐち整骨院のケガや障害への治療

当院では痛みのある場所が原因ではなくなぜそこに負荷のかかる動きになってしまっているのかを追究し治療を行っていきます。

①来院時にエコーにて患部の炎症状態・部位を確認し説明させていただきます。 ↓ ②その後スティムアップやバランスボードを使い現在の身体の使い方を確認。 ↓ ③アキュスコープ・マイオパルスにより患部の局所治療、関連部の治療 ↓ 痛みの確認後 ④スティムアップ・バランスボードにより身体の使い方の修正・再発予防を行う

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。

スポーツ障害でお悩みならやまぐち整骨院へご相談ください!

怪我で練習できず悩まれている方、今後パフォーマンス向上・怪我の予防に関してお問い合わせだけでもお待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2020 All Rights Reserved.