早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

手首が痛い!TFCC損傷

 
この記事を書いている人 - WRITER -

TFCCとは

TFCCは手首の小指側に存在する組織で三角繊維軟骨複合体の略です。

名前の通り手関節に存在する関節円板(関節の中に存在し手首の動きをスムーズかつ衝撃を吸収する組織)や靭帯(強靭で骨同士を繋ぎ動作の安定感・複雑な動きを可能とする組織)などの軟部組織を複合してTFCCと呼ばれています。
手関節は前腕に橈骨(親指側)・尺骨(小指側)そして手根骨と様々な骨で構成されることで他の関節に比べて複雑な動きを行うことができます。
TFCCは可動域が広く、常に使わなければならない手関節を保護・補助することで役割を果たしています。

手関節は役割は様々で物を持ったり運ぶときは動きを固定することで安定性を確保、スポーツなど体を動かす時は体幹部のバランスを保つ為にその可動域を思う存分に使います。

スポーツでも難しい競技が卓球、テニス、バドミントン、野球などグリップを握りながら行う競技です。

グリップを握れば手首の動きは固くなりますがそこからラケットを振るという矛盾する動きが生じます。当院でもオーバーユースによる損傷は上記のスポーツが多いです。
このTFCCを損傷してしまうと手首の動作が困難となりますが、常に動作が加わってしまうため安静だけでは痛みが消失しにくく、かばった状態で動いていると肘、肩、背中にまで二次的に痛みが広がってしまうこともあります。

TFCC損傷の原因

手首は常に使い、負荷がかかりやすく繊細な部位になるのでもちろんオーバーユースなので痛めることもありますが、関節内の組織の損傷は主に一度の大きな外力で痛めることが多くみられます。
その大きな外力というのは「転倒時に手をついて」「重たいものを持ち上げた瞬間」など
スポーツでは「格闘技でパンチや受け身をした時」「バッティングでボールを打った瞬間」「テニスでサーブを打った瞬間」など特に手首に衝撃があり負傷した瞬間に痛みが走るケースがあります。
オーバーユースではスポーツ・仕事など同じ衝撃や負荷がかかり続けることで痛みが徐々に増強していくこともあります。

ただ同じ仕事・スポーツでも手首を使うことに変わりがありませんが痛くなったことのない方もいます。

この差は手首の使う頻度だけでなくかかる負担の問題があります。基本的に手首を捻る動きは厳密には肩甲骨やその周辺の筋肉の作用も大きく関わってきます。一度寝首を内側、外側に捻ってみましょう、肩も一緒に動くのが分かると思います。肩甲骨、肩の動きが制限されると手首周辺の筋肉を無理に使い動かさなければなりません。

さらに手先ににかけて走る神経は肩甲骨、鎖骨周辺から走行するためこれらの機能が上手く働かず動きが悪くなると握力の低下などを招きます。

他にも理由は様々ありますが、手首の動作時に無理に力を入れなければならない身体の環境が原因といえます。

手首に起きる怪我や外傷は症状が類似することが多いので痛くなり始めた原因は重要になります。

起きやすいスポーツ

サッカー・バスケットボール・ラグビー・テニス・アメリカンフットボール・クラシックバレエ・バレーボール・野球・卓球・ハンドボール・格闘技・ソフトボール・ラクロス・水泳・ウェイトトレーニング・ゴルフ・ダンス・フットサル・器械体操

症状

手首にはTFCC損傷以外に使いすぎによる疲労骨折や腱鞘炎など類似する症状の外傷が多くありTFCC損傷時に見られる特有の症状や発生した時の状況は鑑別するために必要な項目となります。

特に掌付近にある手根骨の骨折があった場合血流が乏しいため骨の修復が遅くなります。

うずくような痛みや安静時も痛みが続くようだと骨折も疑われます。

・タオルを絞ったり、ドアノブを回すなど手首の捻る動きで痛みがでる
・ポットを盛り上げたり買い物袋を持ち上げるなど手首の親指側や小指側に曲げる動きで痛みがでる
・座っていて手をついて立ち上がろうと体重がかかった時に痛みがある
・料理中、包丁で切る時フライパンを持つ時に痛みがでる
・車を運転中ハンドルを回す時に痛みがでる
など
特に手首の捻る動きで痛みが顕著に出ることが多く、スポーツ時はもちろんですがひどくなると日常生活への影響も重大なものになります。

やまぐち整骨院のTFCC損傷への治療

当院ではTFCC損傷は痛みを改善することだけでなく、なぜそこに負荷のかかる動きになってしまっているのかを追究し治療を行っていきます。

①来院時にエコーにて患部の炎症状態・部位を確認し説明させていただきます。 ↓ ②その後スティムアップやバランスボードを使い現在の身体の使い方を確認。 ↓ ③アキュスコープ・マイオパルスにより患部の局所治療、関連部の治療 ↓ 痛みの確認後 ④スティムアップ・バランスボードにより身体の使い方の修正・再発予防を行う

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。

TFCC損傷でお悩みならやまぐち整骨院へご相談ください!

現在の症状や治療に対して悩まれている方・相談だけしたいという方も遠慮なくお問い合わせくださいね。お待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2020 All Rights Reserved.