早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

vibram(ビブラム)社のfivefingers

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

当院では販売しておりませんが、靴のご紹介をさせていただこうと思います!

販売はしておりませんが正規取扱店、品ぞろえも素晴らしく試着もさせていただけるお店がありこの記事で後程ご紹介させていただきます!

今回ご紹介するのはvibram社のfivefingersという五本指の靴になります。

靴にしては特殊な形状をしておりますが、人の足の機能を最大限に生かすことの出来る構造になっております。

まずはvibram社について説明させていただきます。

vibram

ビブラム社は1937年イタリアで設立し、現在でも世界で最も優れたゴムソールを作り続けている会社です。

1000メーカーを超える靴メーカーで採用され、年間4000万以上のソールを生産し続けている会社です。

設立のきっかけ

このソールが作られるきっかけになったのが1935年にあった事故です。

設立者であるイタリア人の登山家、Vitale Bramani(ビターレ ブラマーニ)氏はこの年、アルプス登山隊を率いて登山中でした。

その時に激しい吹雪などにより当時の登山用具では耐えきれず数名の仲間を失うことになります。

この事態に対応できなかった主な原因として靴が考えられました。

当時の登山家が履いていた靴というのが革靴に釘がつけられているものでした。

そして世界で初めて加硫ゴムを用いて作ったソール「CARRARMATO]が誕生し同時に会社が設立されました。

*加硫ゴム‥ゴムに硫黄を混ぜ合わせて加熱することにより分子同士を結合させたゴム。

誕生したソールは耐久性あらゆる環境・気象への対応性防水性快適性保護性滑りにくいグリップ性全てが大幅に向上しました。

ビブラム社のソールが有名になった出来事があります。

K2の登頂

K2とはパキスタンに存在する山で標高8611m、エベレストに次ぐ世界で2番目に高い山です。

このK2を1954年にイタリアの登山チームが初登頂を達成します。

その時の登山靴のブーツにビブラムソールが搭載されており、世界最難関である山の登頂と伴にビブラム社の名前は世界に知れ渡ることになります。

その後シューズブランドの会社とのデザイン開発やゴムの研究施設の設立などを経て2004年にfivefingersが開発されます。

fivefingers

ビブラムの特別なゴムソールにより耐久性耐熱・耐寒性グリップ力など一般の靴をも凌ぐ性能があります。

fivefingersの種類も様々あり使用目的により使い分けることでさらに自分に生活、活動に合ったものを選択することができます。

現在では世界的に有名になりアスリートはもちろん一般の方にも多岐にわたり使用されています。

シューズの特徴は5本指、ゴムソール、そして一番体感出来る部分は履いていても裸足に近い状態にであることです。

この「裸足」には足の機能や可能性を覚ます刺激や機会を与えてくれます。

裸足に秘められた機能を説明させて頂きます。

人は二足歩行に変化し体を支えるための能力・機能が四足歩行に比べて発達することになります。

筋肉のつき方はもちろんですが、一番重要になるのが「センサー」です。

足裏に特に多く存在するのが姿勢調整に必要な「メカノレセプター」というセンサーです。

メカノレセプター

人間が二足歩行で姿勢を保つ、運動をする際に、なぜ立つことを意識せずとも二足で体を支えれているのか。

ここに人間本来の体の機能が隠されています。

先程説明しました、センサーとはいわいる五感(触覚・味覚・聴覚・嗅覚・視覚)などの身体の外部・内部で起きていること刺激を感知する感覚受容器のことをさします。

数ある中でメカノレセプターというセンサーは主に姿勢に関す情報を感知することに長けており、足裏のどこに外部から刺激が入るかによって姿勢を維持するための反応は変わります。

例えば不安定な所にジャングルジム、平均台、岩場、塗装されていない山道など挙げられますが皆さんは不安定な場所に立った時にどのような身体の反応が起きますか?

高い確率で転けないように、落ちないように次の一歩を見極め、バランスをとり動くと思います。

この時身体の反応は、いびつで刻々と変化する地面の状況を足裏のメカノレセプターが感知し身体の傾き、地面の状況を感知し情報を「」へと送ります。

そしてその情報を元に脳は身体に指令を送り意識せずバランスを保つことが出来ます。

一度毛布やクッションの上で立ってみましょう、身体が不安定で揺れるのに自然と足の指に力を入れたり、重心を移動させてバランス取るのが分かると思います。

この反応はスポーツをする上でパフォーマンスに関わってきます、

身体の安定感は力強くしなやかな動きの実現を可能とします。

高齢者や一般の方でつまずきや転倒も歩行時の足裏のメカノレセプターの機能低下によりバランスが取りづらくなり起きやすくなるケースもあります。

ではなぜこのメカノレセプターが正確に情報を捉える能力が低下することがあるのか。

原因の一つに今回のテーマである「」が関与します。

現代と昔の靴

時代と伴に環境が変化し伴に身につけるツールも変化してきました。

その中の一つに靴があります。

道路・コンクリート、人工芝、タータン(陸上競技場の合成ゴム)、テニスのハードコート(セメントとアスファルト)

など一般的な地面の状況やスポーツで使用するフィールドで考えると現代では様々な環境で過ごしています。

この環境の変化に現在では我々の身体が変化するのではなく、その状況に応じて特化した靴を履くことで瞬時に対応することができ、更にはパフォーマンスまで向上出来る素晴らしい時代になりました。

しかし根本的には身体の機能が働くことが前提で靴が保護的に存在するもの、靴が悪いわけではありませんただ我々が靴が身体に影響を与えていると頼りすぎたりそれが常識だと捕われすぎてはいけません

日本で古くからある履物は下駄や草鞋(わらじ)、草履(ぞうり)などがあります。

鼻緒があると指への刺激、指の連鎖運動、薄い素材でしっかりと地面を踏みしめ凸凹した地面や山を超えていました。

自分の身体の機能を使い、身体が変化していく環境でした

しかし保護能力は現代とは比べものにならないほど劣るものでした。

fivefingersはこれらの理想的な要素を詰め合わせたようなシューズになります

裸足に近い感覚により足裏が地面の感触をダイレクトに感知し、尚且つ耐久性など現在の靴の良さを取り入れています。

今まで説明してきたことをまとめるとfivefingersにはこのような効果がある期待できます。

fivefingersの効果

 

・メカノレセプターの活性化によりバランス感、安定感がと整いパフォーマンスが向上する

・足首、足指などの自由度が広がり自然な足の動きをサポート

・姿勢の改善や外反母趾など足の疾患の改善につながる

・重心、運動の負荷が足裏全体に分散し気持ちよく運動することができる

・子供の頃から履くことで発達の過程で更なる感覚機能向上、怪我の予防、パフォーマンスの向上

・高齢者の方の転倒防止、老化防止

・スポーツ選手の怪我の予防

 

まだまだ挙げると効果がある項目はありますが、要するに身体の正しい情報の入力・出力が可能となり大きな変化をもたらしてくれます。

ぜひ一度試着からお試しください。

履いてみた感想

自分自身が今、院内のシューズとしてはかさせて頂いている感想です。

時間で言うと約8時間程度履いていますが立ちっぱなしでも足だけでなく全身の開放感が違います。

長時間立っていると多いと思いますが肩や背中、腰、足のだるさやはり感が気になることもありますがfivefingersを履き始めてから疲労感はほとんどなくなりました。

ただ履き始めた初日に恥ずかしながらふくらはぎが痙攣、今まで無かった刺激に耐えれなかったようです。

このシューズは今の自分に足りないものや現状も教えてくれます、ありのままの自分を感じることが出来ます。

運動にもどのような影響があるか今後試してみようと思っています。

正規取扱店

最後に大阪市内にあるfive fingersの取扱店のご紹介をさせて頂います

 

wavao paradis

〒543−0031

大阪市天王寺区石ヶ辻町3−12−102

TEL 06−6711−0807

 

現在はコロナの影響で完全予約制の為事前に予約していただくか、当院までご連絡ください。

また内容で質問のある方はいつでもお問い合わせください。

トレーニング動画や治療風景を投稿しています!

やまぐち整骨院 インスタグラムはこちら

やまぐち整骨院 フェイスブックはこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2020 All Rights Reserved.