早く仕事やスポーツに復帰したい! 信頼・実績のやまぐち整骨院へご相談ください!

―1人1人にオーダーメイドの施術を―

「症例」シーバー病による踵の痛み 

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

身体を部位を言葉で明確に言い表すのは難しい。

「踵」という部位もその中の一つの部位であり、人によってはアキレス腱付近までを踵と表現、またある人は丸みを帯びた部分だけを踵と表現するなど様々である。

踵の痛みは老若男女、運動、仕事問わず突然現れる可能性があります。

まずは痛みが出て来た時は焦らず自分の生活環境・運動環境・着衣環境(靴を変えたなど)の変化はなかったなど冷静に判断していく必要があります。

今回の症例は2つ報告させて頂きます。

①スポーツ:硬式テニス 中学生 男性

②スポーツ:バスケットボール 中学生 男性

成人とは異なり、中学生の踵の痛みと聞くと成長期に起きやすいケガの一つ「シーバー病」の可能性も視野に入ってきます。

シーバー病は日本名を踵骨骨端症と言います。

成長期では図のように踵の丸みのある部分と本体に隙間がありまだ一つの骨として完成さていません。

主に本体の踵骨ではなく骨端核もしくは骨端軟骨に外力が加わり続けることで損傷し発症すると考えられています。

レントゲンでははっきりと映らない部位のため、成長期の踵の骨で他に異常が見られなければ

シーバー病の診断と伴に「安静に」がセットで言い渡されることがほとんどです。

レギュラー争い、大会前、運動会前、体育の授業、安静に出来る環境とは少ないものです。

当院に来られる方で踵が痛くなり病院に行かれた方はほとんどの方が安静にと言われております。

しかしこれだけではほぼ症状は改善されません。

なぜなら活動量の多さ・活動時間の長さが原因ではないことが多いからです。

当院に来られるシーバー病の方はスポーツをされている方はもちろん、学校の登下校時に痛くなったり、授業が終わり立ち上がった時に痛くなったなど日常的な動作で発症しているケースもあります。

しかし症状が出ている時点で、体は踵に負担をこれ以上かけたくない状態だと言う事は間違いありません。

実際には踵周辺に痛みがあっても、アキレス腱炎、関節の捻挫、腱鞘炎などと類似する部分もあるので見極めなければなりません。

問題なのは明確に損傷部、原因を見つけること、ここで間違いがあると施術の効果は軽減します。

シーバー病にも原因はあります。

症例 硬式テニス 中学生 男性

テニススクールに通っており、練習は週5前後+大会があれば試合 練習時間は約2時間~3時間

テニスをプレー中、左右に走らされ(特にフォアハンド)打った時にネットにボールがかかるミスが多い。

これは今回の症状と少し関係してきます。

今回の症状に対して他院での施術・検査歴はなし。

【エコー検査】

患部のエコー検査では炎症反応は踵の内側に少し見られるが、痛みを訴えているところよりアキレス腱の内側の方が反応が見られた。

組織の損傷・内出血は見られない。

【症状】

来院時より約1週間前から症状が現れた。左踵の痛みに気づいた時は急に痛くなった訳ではなく練習と休憩を繰り返し普段通り行っていく中で少しづつ痛くなってきた。

練習後も痛みが少し続くようになり、試合も近いため当院に来院される。

歩行時や普段の日常生活では目立った痛みはなく、学校の授業も行うことが出来る状態。しかしテニスで動いている時の負荷が増えれば少しづつ痛みが出て、練習後も少し痛みが続く。

来院時は練習前で痛みは少しましだが鈍い痛さはある、多少の腫脹・熱感はあるものの支障はない程度。

圧痛は左の腰(腰方形筋)内側腓腹筋、患部、左ハムストリングスに張り感が

痛みは骨端核内側に出ているがそこに原因は存在せず、腰の回旋の動きの悪さから負担がかかり痛みが出ていると判断。

腰の回旋がうまく連動しなければ左右に振られた時に腕で無理に打つことになりネットになりやすい。パフォーマンス低下の原因とケガがリンクすることは少なくはありません。

【治療】

1回目来院時

 

触診、院内で動きを確認し施術ポイントを決める。

金属プレートを患部と内側腓腹筋に張り付けて安静にしながら通電。原因は別にあるとしてもまずは患部の炎症を取り除く。

次はマイオパルスで内側腓腹筋・左腰方形筋・左ハムストリングスを施術。

最後にアキュスコープでポイント通電。

ポイントは患部・アキレス腱内側・左腰方形筋で通電。

痛みの再現性がないためこの日はこれで施術を終了し、練習を続けながら様子を見る。

2回目来院時

1回目以降、練習中の痛みは軽減・練習後はまだじわじわ痛みが出てくる状態。

1回目と同様の筋肉への施術ただしポイントは変化に合わせて選択。

施術後バランスクッションやチューブを使ったトレーニングを開始、パフォーマンス向上・ケガへのアプローチを目的とする。

3回目来院時

2回目以降、練習中・練習後に明らかな痛みはなく違和感のみが残る。

施術後は同様にトレーニングも行う。

4回目来院時

3回目以降、練習中・練習後の違和感も少し残存するもののプレーの支障はなくなる。

次の日試合の為ハイチャージ+コンディショニングを行う。

治療回数は計4回

試合は踵の痛みなくプレーすることができ、その後の練習にも違和感もなくプレーできている。

現在も通院して頂いており、トレーニング、ハイチャージを組み合わせ、パフォーマンス向上を目指しております。

症例 バスケットボール 中学生 男性

バスケットボールではシーバー病・オスグッド病・腰椎分離症など外傷だけでなくスポーツ障害で悩まれている方はとても多く感じます。

当院でも大阪・京都を中心に小学生・中学生・高校生の全国レベルの選手が来られますがケガの頻度は多いです。

今回もその中のシーバー病で長い期間解決方法がなく、痛みを伴いながら練習を行っていました。

練習の頻度は週3~4回+試合 練習時間は約2~3時間

今回の症状に対しての施術歴はあり。

【エコー検査】

患部のエコー検査ではアキレス腱付着部の炎症反応が強くふくらはぎの中腹部まで反応がみられました。

アキレス腱自体の損傷は見られないが骨端核にまで炎症が及んでいる状態。

【症状】

来院時より半年前ぐらいから症状が出始めた。当院でも多かったのがコロナ自粛期間が緩和し練習再開と同時に急激に運動量が増加。それに伴い捻挫や打撲だけでなく踵・膝・腰の痛みを訴える方が増えていました。

本人が訴える痛みは両方の踵に痛みがあるとのこと。最初は左足からそのまま練習を続けていると痛みが右にまで出てきた。

痛みはエコー検査でも出ていた結果通りアキレス腱の付着部に、立った時に地面に接地しない部分に痛みが出ている。今までは練習をして痛みがきつくなり休み、そしてまたマシになり練習をしての繰り返しでした。

今回来院時より少し前から痛みが悪化(特に左踵)練習は休み学校の体育の授業も見学となる。

何度も同じ痛みを繰り返しているうえに今回今までにないぐらいの悪化により来院される。

歩行は可能なものの踵に衝撃があると痛みがあるので足先側に体重を乗せながら歩行、安静時は痛みなし。

見た目は明らかに腫れており、皮膚が突っ張ている状態に。触診では腫れている奥にある一番負荷がかかり今の痛みのポイントを見つけあとは負荷がかかっている原因を探す。

今回はお尻の筋肉に原因があったため患部の治療とお尻の殿筋を併せて施術していく。

【治療】

1回目来院時

金属プレートにより患部を1時間ほど集中的に通電。明らかな腫脹、運動時痛、熱感があったため安静状態での通電。

1時間後、プレートを外しマイオパルスで患部を集中施術、腓腹筋、殿筋も施術を行う。

アキュスコープでのポイント通電はマイオパルスと同じ部位を通電。

施術の合計時間は1時間ちょっと頂き、腫れは少し残るものの軽減時、その場での歩行痛も消失。

運動に関してはまだ制限をかけ、日常的な動作痛が消失してからの再開としこの日の施術は終了とする。

2回目来院時

1回目以降、運動はまだしていない状態で特に朝起きて動き出しなどの痛みがまだ残存し、腫れは消失。

この日も同じ時間通電後、ポイントは少し変えながら通電。

その場での痛みはさらに楽になり終了

3回目来院時

2回目以降、朝の動き出しの痛み、腫れも消失し日常生活での痛みも消失。

この日も同じ時間通電、ポイント通電、殿筋の柔らかさも戻り痛みも消えてきたためバスケの練習を開始する。

帰りにテーピングを張る

4回目来院時

3回目以降、練習を再開し運動中の痛みは少し出るものの終わった後は痛みは持続しない。腫れの症状も現れていない。

最初の通電時間を30分に減らし、ポイント通電。

テーピングを張り、練習を続けてもらう。

5回目来院時

4回目以降、練習での痛み、練習後の痛みは消失、少し違和感が残るものの問題なく練習出来ている。

この日も通電時間30分にポイント施術、そして残った違和感にはまた別のポイント通電を行う。

治療回数は計5回

現在もメンテナンスも含めて通院して頂いておりますが予後は良好、問題なく動けています。

シーバー病・踵の痛みでお悩みの方はお問い合わせお待ちしております。

トレーニング動画や治療風景を投稿しています!

やまぐち整骨院 インスタグラムはこちら

やまぐち整骨院 フェイスブックはこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち整骨院【東大阪市-近鉄弥刀駅】 , 2020 All Rights Reserved.